安い自動車保険 リスク細分とは

自動車保険 安い

初めてリスク細分型自動車保険が発売されたのは1997年です。

それ以来リスク細分型の商品が増え現在では自動車保険の主流になっています。


リスク細分は、加入者のタイプや運転状況などを従来よりも細分し、保険料をきめ細かく設定する仕組みのことです。

自由化以前も車種、年齢などによって保険料には差がありましたが、自由化以降、保険料に差をつける要因が更に細分化されました。



リスク細分型によって保険料が安くなるのは、年間走行距離の少ない人やゴールド免許の人など各社のリスク区分に該当する人たちです。


安全意識の高い優良者がなぜ意識の低くリスクの大きい人の分まで保険料を負担しなければならないのかという理不尽感が解消されることもリスク細分のメリットでしょう。


リスク区分が自分の加入条件にフィットするものを選ぶことによって、自動車保険をより安くすることが可能になります。



利用者450万人、最大20社の一括見積もり 詳細はこちら こちら 自動車保険 見積もり

安い自動車保険|リスク区分は各社で違う

自動車保険 安い

自動車保険各社はそれぞれ独自の顧客ターゲットを設定しています。

各社のターゲットの違いがよく分かるのがリスク細分の違いです。


各社のリスク細分に違いがあるため、最安の自動車保険は一人ひとりの条件により違うことになります。


ゴールド免許であれば免許の色による割引のあるところが安くなり、ブルー免許の人や年間走行距離が大きい人は免許の色や走行距離で保険料の差が出ないところが安くなるという具合です。



リスク区分は自動車保険を安くする要因の一つですので、見積もり依頼先を絞り込むなど初期段階の絞込みのためのポイントにはなるでしょう。

同じタイプのリスク区分の複数社でどこが一番安くなるかは、見積もり比較でなければ結論は出ないでしょう。


このようにリスク区分に着目して候補を決め、一括見積もりで最終決定をするというのも効率的な賢い選び方かもしれません。



利用者450万人、最大20社の一括見積もり 詳細はこちら こちら 自動車保険 見積もり

安い自動車保険|リスク要因

自動車保険 安い

リスクの大小により保険料に差をつける要因が「リスク要因」です。

リスク要因をどう設定するかによって自動車保険の特色が決まってきます。


「免許の色」、「走行距離」で優良ドライバー、週末ドライバーを優遇するタイプもあれば、三井ダイレクト損保のように免許の色、走行距離では保険料に差をつけないタイプもあります。



「リスク要因」として金融庁から認められているのは次の9つです。


年齢/性別/運転歴/使用目的/年間走行距離等/地域/
自動車の種別/安全装置の有無/所有台数



自動車保険自由化を契機にして、

運転歴⇒免許の色
走行距離⇒年間走行距離
使用目的⇒日常・レジャー
運転地域

などのリスク要因が新たに盛り込まれ、これらの要因でリスクが小さい場合は保険料が割安になりました。


逆にリスクの大きい人は従来より保険料が高くなる場合も出てきましたが、
そもそも、リスクの大きい人はそれなりの負担をするというのが本来の姿なのかも知れません。


リスク細分型により、なぜ安全意識の低い人の分まで保険料を負担しなければならないのかという優良者や週末ドライバーの理不尽感が解消されるのはいいことでしょう。

免許の色の制度や等級制度のように、無事故、無違反のインセンティブになる面があるのも有意義なことだと思います。



利用者450万人、最大20社の一括見積もり 詳細はこちら こちら 自動車保険 見積もり

●通販型の自動車保険が安い

「安い」を連発する通販自動車保険のテレビCMが毎日頻繁に流され、まるで通販型のシェアが急拡大しているかのような印象を持ちますが、実際にはダイレクト系自動車保険のシェアはまだ8%程度のようです。

日本の場合、どうしても人とのつながりで取引を行うというメンタリティーが強いのでしょうか、しがらみが残っているうちは安くないと思ってもなかなか見直しに踏み切れない人が多いようです。

またネットを見ればわかりますが、従来の保険代理店関係の方々でしょうか、「安い自動車保険は事故の時安心できない」「詳しくなければ通販型自動車保険は危ない」などと、カウンターインテリジェンスに一所懸命のようです。

通販型自動車保険の意義は、業界の90%を占める副業アマチュア代理店が販売して来た従来の任意保険の市場に、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いた画期的に安い価格の直接販売自動車保険を投入したことでしょう。

保険料の20%にもなる代理店手数料に値するアドバイスが可能なプロ代理店(数では業界の10%)は日本に一体どれほどあるのでしょうか。

身近にプロ代理店を探すのが難しい地域の方がはるかに多いのではないでしょうか。

むしろ安い通販型の方が、24時間365日の事故対応受付、365日対応の初期対応サービス(警察、病院、修理工場への連絡等)などで代理店の質に左右されない均質なサービスを高いレベルで提供しています。

代理店型の高い自動車保険は「安心料」で高くなっているのではないことをしめし、中間コストが無い場合の「適正価格」を私たちに教えてくれました。

Copyright © 自動車保険 安いところが見つけられますか? All Rights Reserved.